アクセスカウンター
ことわざ 慣用句  の 紹介  「焼きがまわる」とは?

ことわざ 慣用句  の 紹介 

”日々の気になることわざ 慣用句を日記を通して紹介 ” 気ままな暮らしぶりも併せて載せています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「お前ともあろうものが、ナンバープレートを見過ごすなんて、焼きがまわってきたな!!」


警官がしゃべっているようである。


この焼きがまわるという言葉は、いったい、どういう意味なのでしょうか??



実際に経験したらわかる?

もし、実際にしたら、黒焦げになって成仏してしまいますから、くれぐれもしないでください。



実は、と関係があるんです。



鍛冶屋は、を作る際、高温の火で刃を焼いて、切れ味を高めようとします。


しかし、高温のまま、火(焼き)がまわりすぎると、刃が融けてもろくなったり、切れ味が悪くなったりするのです。



このことから、刃を人間に例えて、

焼きがまわる ⇒ 刃の切れ味が悪くなる ⇒ 腕前や能力が衰え役に立たなくなること

といった意味を表すようになりました。





小話を一つ


夫と妻は、クイズ番組を観ていた。


「俺も焼きがまわったな!!全然、世界史のこと覚えてないわ!!」


妻も同じく、

「私も覚えていないわ。」

と答えた。


でも、夫は、妻が焼きがまわっているとは決して思わないようだ。



1年前にバックを買うと約束したことをいまだに覚えているからだ・・・。


この記憶には焼きがまわらないのだろうか?


















関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://teacherboy.blog.fc2.com/tb.php/82-6dfb03ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。