アクセスカウンター
ことわざ 慣用句  の 紹介  「ごたくを並べる」の意味とは?

ことわざ 慣用句  の 紹介 

”日々の気になることわざ 慣用句を日記を通して紹介 ” 気ままな暮らしぶりも併せて載せています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
社員と上司が会話をしている。


「すみません、電車がおくれて、走ってきたのですが、それでも、信号にひっかかって・・・」


「いつまで、ごたくをならべているんだ!! こういう時は誤るだけでいいんだ!」


確かに、くどくど理由を述べるより、素直に、「遅れて申し訳ございません」と一言いうのが、社会ではベストです。

理由は、聞かれてから答えればいいのですから・・・。



と、話がそれそうなので、本題に戻ります。




このごたくをならべるという言葉は、どういう意味なのでしょうか?


これも、漢字に直してみると、自然と意味がみえてきます。




ごたくをならべる」は、漢字では、「御託を並べる」と書きます。






御託とは、ご託宣(神様からのお告げのこと)という言葉が省略されたものです。



つまり、

御託を並べる ⇒ (一般人が)、神様からのお告げを列挙(一つずつ数えあげること)する
ということになります。


神様からのお告げを次々数え上げたら、もはや、「お前は神か」と思わせんばかりで、傲慢に思えますよね!!


このことから、

御託を並べる ⇒ 偉そうに、自分勝手なことをくどくど述べる

といった意味になりました。






架空の小話を一つ




弟(中学生2年生)が、兄(高校2年生)の日記を偶然見た。


(日記より)


今日は、先生に怒られた。練習試合に遅刻したからだ。

理由を説明したら、先生は、

御託をならべる前に、さっさと練習しろ!」

と言った。 

確かに、練習あるのみだ!!!





弟はこの日記をみて、兄に言った。

「兄ちゃん、どうして、オタクを並べたの? ゲームに詳しい人がいるの? オタクなら僕を呼べばいいのに・・・」


オタクではないゴタクだ、弟よ・・・・








































関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://teacherboy.blog.fc2.com/tb.php/76-56fba22d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。