アクセスカウンター
ことわざ 慣用句  の 紹介  畳(たたみ)の上の水練(すいれん)

ことわざ 慣用句  の 紹介 

”日々の気になることわざ 慣用句を日記を通して紹介 ” 気ままな暮らしぶりも併せて載せています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いくら、頭の中で知識をもっていても、知識を実際の場面で活用できなければ、一人前の料理人になれません。

畳の上の水練では通用しないのですよ!



この言葉はどういう意味でしょうか?


これも、情景を思い浮かべれば意味が想像できます。




水練という言葉は、水泳の練習を省略したものです。


これだけわかれば十分です。


つまり、畳の上の水練とは、畳の上で水泳の練習をするということです。


畳の上には、実際に水がないので、いくら水泳の練習をしても泳げるようにはなりません。


このことから、


畳の上の水練 ⇒ 理論、手順を知っていても、(実際の場面に活かせないたため)何の役にも立たないこと
を表すようになりました。



架空の話



私はクレープが大好きだ。


いつも、クレープを作ろうと心には思うのだが、それで終わってしまう。


そして、クレープを買ってきておしまいとなってしまうのがオチだ・・・。



だんだんと、クレープのことを調べていくうちに、作り方は分かるようになった。


そして、作り方の本を見ながら、実行した。

作ったものは、クレープとはいいがたいほどのものだった。


でも、食べてみたらおいしかった。


畳の上で料連(笑)しても、意外にうまくいくものだな!!



そう思った瞬間、映像が乱れてきた。

「あれ、あれ?」


なんと、それは食べたいという妄想から来た夢だったのだ!!






 




関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://teacherboy.blog.fc2.com/tb.php/63-429498e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。