アクセスカウンター
ことわざ 慣用句  の 紹介  「居丈高」それとも「威丈高」?

ことわざ 慣用句  の 紹介 

”日々の気になることわざ 慣用句を日記を通して紹介 ” 気ままな暮らしぶりも併せて載せています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「上司は、いたけだかなもの言いをするから嫌いだ。」


このような上司には、巡り合いたくないものである。


このいたけだかとはどういう意味なのでしょうか?


実は、威圧的な態度のことを意味します。


どうして、このような意味になるのでしょうか?


これも漢字で表すことから考えましょう。



漢字で表すと、居丈高や威丈高があるが、正式には居丈高である。

居丈高という漢字で表しても、まだ意味がわからないと思います。



次に、この情景を想像してみてください。



まず、居丈とは、座高のことで椅子に座っている状態を示しています。

この居丈は、どんな時に高くなりますか?

おそらく、相手をしかりつけたりなどの高圧的な態度をとる時、ぱっと椅子から立ち上がって言いませんか?

このことから、居丈高という言葉が今の意味をもつようになりました。


このように語源を知っておくと、

○居丈高×威丈高
というふうに、字の間違いは少なくなると思います。



「ビールがまだ来ないぞ。」と店主に居丈高なもの言いで怒っている男性がいました。

そんな時、「ほかの客に迷惑だろ。」とその人に居丈高なもの言いで注意した人が出てきました。

しかし、それで収まらず、お互い居丈高な言い争いが起こりました。

お互い立ち上がって怒っていても、お座敷に座っていた私の座高より低かったのですが・・・













関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://teacherboy.blog.fc2.com/tb.php/45-05cc1028
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。