アクセスカウンター
ことわざ 慣用句  の 紹介  そりが合わないとは?

ことわざ 慣用句  の 紹介 

”日々の気になることわざ 慣用句を日記を通して紹介 ” 気ままな暮らしぶりも併せて載せています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おまえと俺とではそりが合わない。コンビを解消しよう・・・。

これを言われたらつらいものがあります。

この「そりが合わない」という言葉はどういう意味なのでしょう?



これも漢字で表すと意味が見えてきます。



漢字では、「反りが合わない」と書きます。

いったい何の反りなのでしょう?

実は日本刀と大きく関係があるのです。



日本刀には、世界の剣にはない独特の曲がって反っている部分があり、これを反りと言います。

日本刀をそのまま持って歩いていたら、自分やほかの人にけがをさせてしまう恐れがあるので、当然、刀を納めるさやが必要である。

しかも、その反りにあったさやを造らないと、刀をしまうことができない。

反りさやと合わないと刀をしまえない。


このことから、反りさやと合わない⇒反りが合わないとなり、2人がうまくいっていないという意味を表すようになりました。



草取りで使った鎌を返そうとしたが、出した入れ物に戻らなかった。

反りが合わないまま、借りた鎌を返した。

「今度はちゃんとしまって、返してくださいよ。」

反りが合わない人に言われてしまった。・・・






関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://teacherboy.blog.fc2.com/tb.php/38-ec569faf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。