アクセスカウンター
ことわざ 慣用句  の 紹介  「どんぶり勘定とは?」

ことわざ 慣用句  の 紹介 

”日々の気になることわざ 慣用句を日記を通して紹介 ” 気ままな暮らしぶりも併せて載せています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
消費税を上げる話題が上がっているけど、上げた分をどの施策にどれだけ使われるかが明確でないと。どんぶり勘定では決して支持できない。

ここで使われているどんぶり勘定とはどういう意味なのでしょうか?


実は、これも「どんぶり」と「勘定」が表しているものが分かれば、自然と意味が分かってきます。




まず、「どんぶり」ですが、これはかつ丼などをのせている丼(どんぶり)のことを表しているのではありません。

実は、職人が着ている腹掛けについているポケットのことを言います。

私も初めて知ったときは、驚きでした。



勘定」とは、普通に金銭を出して支払うという意味です。

これらをつなげると、ポケットから金銭を出して支払うということになります。


ここでよく考えてください。

普通は、財布などから金銭を出し入れするものですよね。



このことから、きちんとした場所から取り出すのでなく、ポケットからお金を取り出すということから、細かな計算をせずに金銭を扱うことを意味するようになりました。



財布をわすれただって。

よし、ここは、私が買ってやろう。

こう意気込んで、財布を見ましたが、 足りません・・・。

そんな時、どんぶり勘定という言葉を思い出しました。

そこで、ポケットを見ることにしました。

ポケットから出てきたのは、ハンカチだけでした・・・。








関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://teacherboy.blog.fc2.com/tb.php/36-1ac2976d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。