アクセスカウンター
ことわざ 慣用句  の 紹介  馬子にも衣装とは?

ことわざ 慣用句  の 紹介 

”日々の気になることわざ 慣用句を日記を通して紹介 ” 気ままな暮らしぶりも併せて載せています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「おまえも、着物を着ると美人に見えるな!まさに、馬子にも衣装だ。」

これは、よくお父さんが、娘に対して褒めるのが恥ずかしくて言う言葉です。

これは、どういう意味なのでしょうか?

それぞれの言葉の意味をつかむと、意味が見えてきます。



馬子(孫ではない!)とは、馬に人や荷物を載せて馬を引く職業の人のことを言います。

普段、馬子というのは、運んでいる最中に汚れるので、始めからきれいなものなど着ていません。

そんな馬子が、いざ、きちんとした服を着ると、非常に立派に見えたということから、どのような人でも、衣装を整えればきれいに見えるという意味を表すようになりました。


本来、身分が高いものから、低いものへと言う言葉ですが、現在はみな平等なので、親が娘に対して照れくさくて使う褒め言葉として広まってきました。

この言葉を言われても、決して娘さんは怒らないでくださいね。



意味合いから言って、自分の先輩にあたる人や上司にこの言葉を使うのはタブーです。

もし、上司に「上司も着物を着ると、きれいですね。まさに、馬子にも衣装です。」と言ったら、どうなるでしょう。

次の日は、会社にいられなくなるかもしれませんよ。

くれぐれも気を付けてください。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://teacherboy.blog.fc2.com/tb.php/33-b084d536
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。