アクセスカウンター
ことわざ 慣用句  の 紹介  手をこまねくとは?

ことわざ 慣用句  の 紹介 

”日々の気になることわざ 慣用句を日記を通して紹介 ” 気ままな暮らしぶりも併せて載せています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手をこまねいている

という使い方があります。


さて、この慣用句、

1 何もせずに傍観している

2 用意周到な準備をしている



のどちらが本来の意味なのでしょうか?


気になっていたので調べてみました。



これは、「こまねく」という状態が分かれば意味も自然とわかります。


「こまねく」は、「拱く」と書きます。


辞書を調べてみると、

「こまねく」は、「こまぬく」が変化した形


とあります。


本来は、

× 手を拱(こまね)く

○ 手を拱(こまぬ)く

のようです。



そこで、「こまぬく」を辞書で調べてみたところ、


「こまぬく」(拱く): 腕を組んでいる状態


由来:(中国の敬意を表すあいさつとして手を胸の前で組み合わせること)


という意味だそうです。



腕を組んでいる状態では、準備なんか到底できませんよね。



ですから、


1の(何もせずに傍観している)


という意味が正しいのです。





いざという時に手を拱いて観ているだけでは、役に立ちません。


手は動かさないとね!!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://teacherboy.blog.fc2.com/tb.php/255-90586842
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。