アクセスカウンター
ことわざ 慣用句  の 紹介  さわり の意味って?

ことわざ 慣用句  の 紹介 

”日々の気になることわざ 慣用句を日記を通して紹介 ” 気ままな暮らしぶりも併せて載せています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「話のさわりだけ教えて!!」


こう、友達に聴かれたら、あなたは、話のどの部分を教えますか?


① 話の冒頭部分

② 話の要点部分


さて、答えは、どちらでしょうか??


この「さわり」という言葉は、江戸時代に、竹本義太夫が創始した義太夫節で使われた浄瑠璃用語であることが、語源であると言われています。

本来、「さわり」とは、義太夫節以外の曲節を、義太夫節に取り入れた箇所に相当します。


違う曲節の部分は、ほかと違って特に目立ちますよね。


このことから、本来の「さわり」の意味とは、


興味を引く部分・目立つ部分


という意味なのです。


ですから、言い換えれば、


(話の)要点、(音楽の)サビにあたる部分


を意味します。



つまり、正解は② 話の要点部分 ということになります。





話の「さわり」を逃したら、差しさわりがあるので気をつけたほうが良さそうですね。

関連記事
スポンサーサイト
コメント

こんばんは。

勉強になりました。
めちゃめちゃ間違って使ってました笑

さわりって要点!?
2013/05/24(金) 23:49:38 | URL | 来栖 #- [ 編集 ]

来栖さん、コメントありがとうございます。

私のブログで参考になっていただければ、非常に嬉しく思います。(ありがとうございます!!)

おっしゃるとおり、「さわり」は、要点のことです。

私も調べるまでは、間違って使っていました。

文化庁で間違えやすい「言葉の意味」にも、載っていました。

また、これを参考に、色々紹介していきますね。

気軽に訪問してください~!!
2013/05/25(土) 17:08:14 | URL | おじ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://teacherboy.blog.fc2.com/tb.php/212-93e1f5a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。