アクセスカウンター
ことわざ 慣用句  の 紹介  蛍雪(けいせつ)の功(こう)の意味とは?

ことわざ 慣用句  の 紹介 

”日々の気になることわざ 慣用句を日記を通して紹介 ” 気ままな暮らしぶりも併せて載せています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蛍雪の功あって、彼は、見事本試験に合格した。


私も今年こそは、こうありたいものです・・・。


ところで、この蛍雪の功とはどういう意味なのでしょうか?


これも、語源を知ると面白いものです。



~ 話 ~


東晋の時代、車胤(しゃいん)という人がいました。

彼の家はとても貧しくて、明かりに使う灯油もほとんどありませんでした。

そこで、彼はある方法を考えました。

夏の夜に舞っている蛍を捕まえて、明かり替わりにしようと
・・・。

そして、蛍の明かりを頼りに一生懸命勉強して、見事、高級官僚となりました。


~ 終わり ~




これが、「」のつく理由です。




では、「」は、なぜでしょうか?


実は、もうひとつ同じような話があるのです。




~ 話 ~


孫康(そんこう)という少年も貧しい家庭で育ちました。

彼も、窓の外の雪あかりを頼りに一生懸命勉強して、見事、高級官僚となりました


~ 終わり ~



これが、「」のつく理由です。




これらの二つのエピソード(功績)から、蛍雪の功とは、




非常に困難や苦労があっても、それを乗り越えて成功すること




を意味するようになりました。



「蛍の光」の最初の歌詞に、「蛍の光 窓の雪 ~」とあるのも、この二つのエピソードが語源だと言われています。


これを意識して歌うと、ますます感動的ですね。




(小話を一つ)


そういえば、ドラマに「ホタルのヒカリ」がありましたね。

「ぶちょおー・・・。」

「アホみや!!」

蛍雪の功の意味とは、何となく雰囲気が違いますね・・・。








関連記事
スポンサーサイト
コメント
(´∪`)ノ✧
こんにちは^^

蛍雪の功って、言葉自体がかっこいいですよね✧
2013/04/04(木) 20:52:05 | URL | 慰隷 #CxsByycw [ 編集 ]

慰隷さんコメントありがとうございます。

そうですね!! 

蛍雪の功は、一生懸命苦労した方に対しての「よく頑張った」、「おめでとう」の気持ちに、ぴったりの言葉だと思います。

こう言われるように頑張りたいものです。(笑)





2013/04/05(金) 14:39:10 | URL | おじ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://teacherboy.blog.fc2.com/tb.php/185-aa70314d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。