アクセスカウンター
ことわざ 慣用句  の 紹介  √2+√3の値は3より大きいのを実感するには

ことわざ 慣用句  の 紹介 

”日々の気になることわざ 慣用句を日記を通して紹介 ” 気ままな暮らしぶりも併せて載せています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
√2+√3の値は3より大きいのでしょうか?


√2=1.414・・・ √3=1.732・・・



だから、



√2+√3=3.146・・・・


このことから、3より大きいことは事実のようです。




しかし、これでは抽象的で実感しづらいですよね。




そこで、具体的に書いてみて長さを目で見て実感することが大切です。



しかし、√2と√3の長さをどうやって表すのでしょうか?




実は、定規があれば十分です。




√2+√3を3と比べるには、√2cm+√3cmを3cmと比べればよいのです。





底辺が1cm、底辺の端から高さが1cmの直角三角形を書きます。(正確に)




この三角形の斜辺は、三平方の定理より√2cmとなります。




これで、√2cmの長さの実感がつかめますね。





そして、この長さを知れば√3cmの長さもわかります。




底辺が1cm、底辺の端から高さが√2cmの直角三角形を書きます。(正確に)



この三角形の斜辺は、三兵法の定理より√3cmとなります。



こうして、√2cmと√3cmの長さを付け加えれば、√2cm+√3cmが3cmより大きいかどうか目で見て確かめられます


結果的に、√2+√3が3より大きいかどうかわかるということです。



こうすれば、√2+√3が3より大きいのも納得できますね?












関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://teacherboy.blog.fc2.com/tb.php/166-c28eaf28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。