アクセスカウンター
ことわざ 慣用句  の 紹介  目を皿のようにするとは?

ことわざ 慣用句  の 紹介 

”日々の気になることわざ 慣用句を日記を通して紹介 ” 気ままな暮らしぶりも併せて載せています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目を皿のようにして川に落とした財布を探した。




うーん、大変ですね!!



このさいふっきることは、もちろんできないですね!!(財布にかけました・・・)





この言葉は、いったい、どういう意味なのでしょうか?




これも情景を考えていくと、意味が自然と納得いきます。



」は、ものをみる「」のことです。



問題は「皿のようにする」です。



皿のようにする」といっても、皿を上から見るのと下から見るのとでは、形は大きく違ってきますよね。



実際、上から見ると大きくて丸いけれど、横から見ると細いですよね。




目を皿のようにするとは、どちらのようにすることなのでしょうか??




実は、皿を上からみるようにすることが正しいです。



ですから、


(上から見た)皿のようにする ⇒ 大きく丸く見る



ということです。




よって、目を皿のようにするとは、



目を大きく見開いてみること



といった意味になりました。






決して、目を細めてみるといった意味ではないので注意してください!!



 


小話を一つ



コンタクトレンズを落としてしまった。


そこで、目を皿のようにして探した。


目を皿のようにして探しているものの、目を細めて探しているのはおかしなことだろうか??





関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://teacherboy.blog.fc2.com/tb.php/157-b009cc0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。