アクセスカウンター
ことわざ 慣用句  の 紹介  釘をさすの意味とは?

ことわざ 慣用句  の 紹介 

”日々の気になることわざ 慣用句を日記を通して紹介 ” 気ままな暮らしぶりも併せて載せています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一度、嘘をついた友達に対して、「二度と嘘をつかないでよ。」と釘をさしておいた。



よく使われるこの言葉、いったい、どういう意味でしょうか?


「実際に試してみましょう。」


といいたいところですが、


自分に釘をさしたら、瀕死になってしまいますので止めましょう!!!




この言葉も語源を知っていると、意味がより納得いくと思います。



釘をさす」という言葉は、実は、鎌倉時代の建築の際に生まれた言葉なのです。





鎌倉時代以前の建築物は、校倉造り(あぜくらづくり)で知られているように、木材に穴を開けて、その穴に木材をはめていく手法でした。


校倉造りと言えば、奈良時代に建てられた正倉院が有名です。


正倉院は現在でも保たれていることから分かるように、木材に穴を開けて、その穴に木材をはめていく手法は、湿気・乾燥両方に強い造りで安全性が高いものでした。


しかし、鎌倉時代になると、念のために釘をさしたのです。


このように、もとから安全性が高いうえに、さらに釘をさすことから


念をおす



といった意味で使われるようになりました。



面白いですね。



ですから、一度目に行う行為に対して、釘をさすという言葉を用いることはありません


(語例)


 くしゃみの仕方を注意するように初めて釘をさされた。 (初めて と 釘を刺すは同時に使えない)





何度も何度も行う行為に対して、釘をさすという言葉を用いることができるのです。



ちなみに、「さす」は、「刺す」と書きます。







小話を一つ  (架空の話)




「絶対誰にも言うんじゃないぞ!」


昼食を食べている際、上司が私に言ってきた。


帰り際も、


「頼むから黙っておいてくれよ。」


釘をさされた


確かにこのことが広まったら大変なことになるだろう・・・・。


上司が「ゲイ」だったなんて・・・・。



















関連記事
スポンサーサイト
コメント

お久しぶりです!
いつも訪問もコメントも
ありがとうございます♡
私の励みです!!!!

そういえば、コメントに
好きな人がいるって書いてあったのが
とっても気になります!
恋バナ好きな女子の私にとっては
聞き捨てなりませんよww
2012/12/10(月) 17:38:14 | URL | ぱぴchan #- [ 編集 ]

ぱぴちゃんさんコメントいつもありがとうございます!!

恥ずかしながら私が自立していないから、なかなかこちらから声をかけづらいんです・・・。

向こうは立派に社会人だけど、こっちはまだ業務委託のバイトだからなあ・・・。

また、進展したら色々聞くと思うので、その時はアドバイスをよろしくお願いします。

お互い頑張りましょうね!!


2012/12/11(火) 22:55:15 | URL | おじ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://teacherboy.blog.fc2.com/tb.php/155-57a05932
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。