アクセスカウンター
ことわざ 慣用句  の 紹介  へなちょことは?

ことわざ 慣用句  の 紹介 

”日々の気になることわざ 慣用句を日記を通して紹介 ” 気ままな暮らしぶりも併せて載せています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「何回も間違えやがって!! このへなちょこが!」


「すみません!!」


よく職人と弟子とのやりとりで使われる言葉ですね。




この言葉の語源は、いったい、何なのでしょうか?




実は、この言葉は、酒の席で生まれた言葉と言われています。



へなちょこ」 ⇒ 「へな」と「ちょこ」に分けて考えてみてください。



ちょこ」 : 漢字で「猪口」と書き、酒を入れる小さな円形の器のことを言います。


では、「へな」って何なのでしょう?


へな」 : 水の底に貯まる黒い粘土のような土のことを言います。



明治時代に、新聞記者がこの「へな」で作った「ちょこ」で酒を飲んでいました。


へなの容器は、酒の旨みや甘味を吸収してしまい、おいしさを堪能できませんでした。


そこで、新聞記者が、


へなちょこめ!!」


とけなしたことが始まりとされているのが、有力的な説です。




このことから、



未熟なものをからかって言う言葉



として用いられるようになりました。




へなの気持ちになってみれば、ありがた迷惑な語源ですね。





もちろん、意味が意味ですので、あまり使われる機会がないですね。



へなちょこ」は、自分より上の人(上司・両親・先輩)などには使わないようにしてください。



あくまで、冗談が通じる親しい友人・部下・弟子などに対してだけ用いるように(???)してください。








小話を一つ




「1・2・3・・・・」


一人の背の高い子が数を数えている。


どうやら、子供たちが缶けりをしているようだ。



その様子を遠くから見ていた。



隠れている子を見てみると、



一人の子は、木の下でお尻が丸見えの状態で隠れている


もう一人の子は、隠れていくときに喋りながら隠れている


また、別の子は、数えている人のすぐうしろにいる



外から見てみると、かわいいと同時に懐かしく感じた。




子供のころは、見えているかどうかなんて気にせず遊んでいました。



とにかく楽しかった!!



「28・29・30!!」



とうとう始まった!!


鬼の子は、早くも一人を見つけた。


お尻が丸見えの子である。


お尻が丸見えの子のところへ行こうと5歩踏み出したところ、後ろに隠れていた子がすかさず、


「えい!!」


缶を思いっきり蹴った。



缶は道路の方へ出てしまい、鬼役の子は慌てて取りに走った。



まさに、かんいっぱつ(笑)セーフだったようだ。



鬼役の子が一言、


「変なちょこ(笑)蹴るなよ!!」



変なちょこと間違えて言ったのを聞いて、友達だけでなく思わずこっちも笑ってしまった。



相手が親しい友人なら、この「へなちょこが!!」とつっこみたくなっていたことだろう・・・。(あくまで 冗談としてですよ!!)


















関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://teacherboy.blog.fc2.com/tb.php/154-2a66f707
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。