アクセスカウンター
ことわざ 慣用句  の 紹介  牛(うし)に引(ひ)かれて善光寺(ぜんこうじ)参(まい)りとは?

ことわざ 慣用句  の 紹介 

”日々の気になることわざ 慣用句を日記を通して紹介 ” 気ままな暮らしぶりも併せて載せています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんなところで会うとは、奇遇ですね。

ちょっと、父の会社へ傘を届けに行ったところで。まさに、牛に引かれて善光寺参りですね。



普段、あまり使わないこの言葉、いったい、どういう意味なのでしょうか?



実は、これは信州(長野県)の民話が語源と言われています。



~ 民話 ~



昔、善光寺という寺の近くに一人の老女が住んでいました。


その老女は、非常に意地が悪い人でした。


あるとき、老女がいつものように川で洗濯をしていると、牛がやってきました。


なんと、その牛は、布をツノにひっかけて走っていったのです。


慌てた老女は、その牛を追いかけていきました。


牛は善光寺の中へ入り境内へとたどりつきました。


老女も境内へとたどりつくと、牛はいつの間にかいなくなって、急に本尊が輝きだしたのです。



それを見た老婆は、


「なんてすばらしい。こんなに近くに素晴らしい霊場があったとは!!今までずるいことばかりやっていたわたしをお許し下さい!!」


それからというもの、毎日参拝をするようになり、親切心をもって人に接するようになった。





という話です。




まとめると、


① 牛に誘われることで、善光寺という思いがけない場所へ行った。


② 牛を追うことによって、自分の過ちを正す(よいことに巡りあう)ことができた。




ということです。





このことから、



① 人に誘われて思いがけないところにいくこと


② 人に誘われてよいことに巡りあったりすること




といった意味になりました。



http://www.spacefan.net/minwa/zenkoji01.html 


(民話のアニメーションです。)





小話を一つ (想像話)




上司と部下は仲良しだ。


いつも、2人で一緒に帰っている。


部下が「いつもと違う道を帰ろう。」と言って、帰ってみると、普段、見慣れない素晴らしい風景を目の当たりにした。


牛に引かれて善光寺参り」だね・・・。


上司は言った。


すると、部下は起こった。


「私は牛ではないですよ!!!モオー!! 善光寺でもないし、ただの道じゃないですか!!! 疲れてるんじゃないですか!!」


上司は黙った・・・・・・・・。






















関連記事
スポンサーサイト
コメント

牛にひかれて善光寺参り…
初めて知りました!
こないだ彼のお家でKATSU?
っていう漫画を読んでいたら
こないだ知ったことわざが出てきて、
彼に【本を読むって、そういうことだよ】
とかっこつけられちゃいましたww
彼は本を読むのが好きなので
色々ことわざとか慣用句とか
しってるんですよね☆

2012/11/29(木) 12:34:14 | URL | ぱぴchan #- [ 編集 ]

ぱぴちゃんさん、いつも、コメントありがとうございます。

私も語源を知るにつれて、ことわざ・慣用句を知るのが面白くなってきました。

日本語は面白いですね!!

彼と同じく私も読書好きです。

本は、言葉の宝がいっぱい詰まってますよね。

言葉の宝はいっぱいあればあるほど、豊かになるような気がします。

それが、自然と知識に結びついているのかもしれないですね。


秋はすぎるけど、読書に飽きはこないかも・・・。(笑)

いつも本当にありがとうございます。

コメントでいつも勇気づけられていますよ!!




2012/11/29(木) 21:03:48 | URL | おじ #- [ 編集 ]

おじ様のおかげでいろんな慣用句を思い出してしまいます。
おじ様のブログの出会いがガボにとっていい意味での

「人間万事塞翁が馬」

だなあと実感してしまいました。
2012/12/06(木) 00:00:23 | URL | ガボ #- [ 編集 ]

ガボさん、引き続きコメントありがとうございます!!

コメントをくださると、やる気が倍増してきます!!

ガボさんの「岡目八目」という言葉を提供して下さりありがとうございます!!

どんどん気になる言葉を教えてください。

お互い楽しんで読めるブログになるといいですね。

また、次回は「人間万事塞翁が馬」について紹介していきたいと思います。

本当にブログでの出会いこそ、「塞翁が馬」ですね!!

また、気軽に覗いでください~。


2012/12/06(木) 22:45:58 | URL | おじ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://teacherboy.blog.fc2.com/tb.php/149-b8eead84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。