アクセスカウンター
ことわざ 慣用句  の 紹介  他人(たにん)の空似(そらに)とは?

ことわざ 慣用句  の 紹介 

”日々の気になることわざ 慣用句を日記を通して紹介 ” 気ままな暮らしぶりも併せて載せています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメントをしてくださる方、拍手を入れてくださる方、訪問をしてくださる方、

本当にありがとうございます!!

みなさんの応援があって三日坊主とならずに、ここまで続けることができました。


あらためてブログをやっていてよかったと思いました。


今後ともどうぞ、よろしくおねがいします。





今日は、コメントをくださる方からいただいた意見にあった「他人のそら似」という言葉について紹介します。





他人のそら似というけれど、あなたとうちの上司そっくりだわ。」



この言葉、いったい、どういう意味なのでしょうか?



そら似とはどういうことかがわかれば自然と意味がわかってきます。



そら似とはどういう意味なのでしょうか?



実は、「似る」に「空」という字がくっついたものなのです。

つまり、そら似 ⇒ 空似 と書きます。



「空」を接頭語として用いると、



① 何となく          例 空おそろしい

② 偽りの           例 空涙

③ しても効果がない      例 空だのみ

④ 真実の関係(確か)ではない 例 空耳




といった意味合いをもちます。  (辞書を参考にしました。)



空似というのは、④の意味合いをもちます。



このことから、


空似 : 確かではないが似ている


という意味になります。




確かではないとありますが、何が確かではないのでしょう・・・。


ここで他人が活躍します。


他人とは、血縁関係がつながっていない人のことですよね。


つまり、血縁関係が確かではないということです。




以上のことをまとめると、


血縁関係が確かではない他人であるのに似ていること


といった意味になりました。



ちなみに、血縁関係が確か(身内)で似ていることは、「生き写し」と言います。




うーん、奥が深い!!!!




架空の小話を一つ




私はホテルの受付嬢である。


受付嬢にはいろいろな客がやってくる。


「丁寧な説明ありがとう。」


という感じのいい方もいれば、


「はよー、電話せえや!」


という モンク マンもいる。


「今日もcuteだね!」


ルー○○か!とつっこみたくなる方もいる。


そんな私のところに、ほぼ同じ所にほくろがある人が2人やってきた。


「「あのすみませんが、これを部屋へもっていってくれませんか?」」


発生も同時である。


「お先にどうぞ!!」


「そちらこそどうぞ!!」


ダチョウ○○部か!!


結局、ほくろが少し低い位置にある人を先に対応しました。


他人の空似とはいえ、いろんな意味でよく似ていたなあ。」



















関連記事
スポンサーサイト
コメント

他人の空似、
詳しく教えてくださって
本当にありがとうございます☆
空を接頭語になんて、
今まで考えたことなかったけど、
そういう意味合いだったんですね><*
またひとつ、お勉強になりました!
2012/11/23(金) 01:20:27 | URL | ぱぴchan #- [ 編集 ]

ぱぴちゃんさん、コメントありがとうございます。

「他人の空似」は私も何となく使っていましたが、詳しくは知りませんでした。

ネタの提供をありがとうございます!!

空を接頭語というのは、私も最初は全然気づきませんでした。

普段当たり前のように使っている言葉を追求して、ブログとして自分と皆さんに少しでもお役に立てるようなブログをこれからもつくって行きたいと思っています。

また、気軽に覗いてください!







2012/11/24(土) 22:50:05 | URL | おじ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://teacherboy.blog.fc2.com/tb.php/145-e6b23de4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。