アクセスカウンター
ことわざ 慣用句  の 紹介  「熱にうなされる?」それとも、「熱にうかされる?」

ことわざ 慣用句  の 紹介 

”日々の気になることわざ 慣用句を日記を通して紹介 ” 気ままな暮らしぶりも併せて載せています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
彼は風邪をひいて、頭が痛くなったようだ。

今でも、熱にうなされているようだ。



ここで、「あれ?」と思った方は、かんの良い方!!か、非常に慣用句に強い方!!


実は、この文章には誤りがあるのです。


結論から申します。


実は、「熱にうなされる」という部分は間違いで、「熱にうかされる」が正しい表現なのです。




では、「うなされる」と「うかされる」の違いを見ていきましょう。



うなされる ⇒ 「魘される」と書きます。


① 怖い夢などを見て、眠った状態で苦しそうに声を出している様子。


例 彼は夢でうなされていた。


うかされる ⇒ 「浮かされる」と書きます。


① 高熱のために意識がはっきりしなくなる様子。


例 熱にうかされて一日中休んでいた


② 物事に熱中する様子。


例 彼はピアノをすることに、(熱に)うかされている。


③ 茶などを飲んで興奮する様子。

例 茶にうかされると夜寝られませぬから参りますまい 〈咄・鯛の味噌津〉 


つまり、最初の例文のように、熱で苦しんでいるときは、眠っていて怖い夢を見て喘いでいるわけではなく、熱で喘いでいるので、「熱にうかされる」を用いるのが正しいということです。


ちなみに、「熱に浮かされる」という意味は、「浮かされる」の意味の①と②の両方の意味があります。





小話を一つ


慣用句の勉強にうかされています。

でも、夢の中まで慣用句ばっかり出てきそうで、うなされそうです。

















関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://teacherboy.blog.fc2.com/tb.php/133-c5543d35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。