アクセスカウンター
ことわざ 慣用句  の 紹介  他山(たざん)の石(いし)の意味とは??

ことわざ 慣用句  の 紹介 

”日々の気になることわざ 慣用句を日記を通して紹介 ” 気ままな暮らしぶりも併せて載せています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
彼はビールを8杯も飲んで酔っ払ったすえ、うっかり上司の悪口を言ってしまい、後日、大目玉を食らったそうだ。

私もこれを他山の石として、酒は控えめに飲むようにしよう。


なんだかかわいそうな彼ですね・・・。



では、この他山の石というのは、いったい、どういう意味なのでしょうか?


これも語源を考えていくと面白いものです。


これは、

(原文)他山の石、以って玉を攻(みが)くべし という文から生まれた言葉である。 (出典 詩経)

つまり、よその山から出た質の悪い石でも、砥石として利用すれば、自分の玉を磨くのに役立つものであるということです。


これが転じて、

他人のどんなにつまらない言動や失敗でも、自分を反省し向上する助けになる

という意味をもつようになりました。



重箱の隅をつつくようなことですが、上司に対してこの言葉を使うと、つまらない言動や失敗と受け取られて失礼に当たりますので、できるだけ控えるようにしてください。

(誤例) 上司の失敗を他山の石として、私も頑張ろう!! (上司はつまらない言動や失敗をしたという自責に負われる・・・。)



小話を一つ (架空・半分事実の話)


道にお地蔵さんがぽつんとたっていた。

なにもお供え物もなくさみしそうな表情だった・・・。

そこへ1人の子供が通りかかった。

その子が何かお供えしようと、ポケットを広げたら、どんぐりを拾った時についていた石があったそうだ。

他山の石だけど、これをお供えしよう!!」 (他山の石は自分で入れました。)


この見ず知らずのお地蔵さんにお供えするという行為は、他山の石ではなく人間の鏡と行ったほうが当てはまりますね。




関連記事
スポンサーサイト
コメント

コメントありがとうございます。
げん玉は主に記事制作?をしてるので
比較的ポイントがたまりやすいです^^

打つのが遅いのと知識不足故にそこそこしかできましんが・・・・^^;
2012/10/12(金) 09:17:10 | URL | 伊達 #- [ 編集 ]

自分が「他山の石」にはなりたくないですね。
このコーナーとても勉強になります。
2012/10/12(金) 12:31:01 | URL | ルンルンみみ #- [ 編集 ]

伊達さん、コメントありがとうございます。

げん玉などの内職頑張ってくださいね。

2012/10/12(金) 22:08:14 | URL | おじ  #- [ 編集 ]

ルンルンみみさんコメントありがとうございます。

いつも感想をしていただき本当に感謝しています!

ブログがなくなって他山の石と例えられないように、普段からブログやアフィリエイトも規範違反をしないようにしようっと・・・。

これからもよろしくお願いします!!
2012/10/12(金) 22:13:30 | URL | おじ  #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://teacherboy.blog.fc2.com/tb.php/123-e365ce3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。