アクセスカウンター
ことわざ 慣用句  の 紹介  「雨後のたけのこ」の意味とは??

ことわざ 慣用句  の 紹介 

”日々の気になることわざ 慣用句を日記を通して紹介 ” 気ままな暮らしぶりも併せて載せています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
景気が良い時代、雨後のたけのこのように新しい会社が次々と出てきた。


これは、今の時代、考えられないことである。


では、この言葉は、いったい、どういう意味なのでしょうか??



これは、自然の摂理をたとえてできたものです。



雨後とは、文字通り雨の降ったあとという意味です。



たけのことは、成長して竹になる前の地面から出ている芽の部分を言います。


竹の木は、樹木の中でも極めて成長が早く、10日で立派な竹になるのです。


つまり、雨後には、あっという間に当たり一面にたけのこがいっぱいになるのです。


このことから


物事が次々に増え続ける

といった意味になりました。


ちなみに、たけのこは「竹の子」と「筍」と二つ書きますが、それぞれの名前の由来は次のようなものです。


竹の子: 文字通り竹の新芽、つまり、竹の子供だから・・・。


筍 : 旬とは、上旬とか中旬とかで使われる1ヶ月を10日間に分けている単位のことを言います。

     つまり、10日の区切りで育つという意味で竹かんむりに旬の字がついたようです。





小話を一つ



最近、雨後のたけのこのようにいじめの問題が湧き上がってきています。

どうしたら、なくなるのだろうか・・・。


悪いことは悪い、良いことは良いといったように、芯のまっすぐ伸びたたけのこのような人を次々育てることが教師や講師の役割であろうか・・・。

























関連記事
スポンサーサイト
コメント

「雨後のたけのこ」ですか〜
聞いたことはありますが、意味がよく分からなかったんです。分かりやすく解説していただきありがとうございます!

いじめって怖いですよね。皆やってはダメだとわかっているはずなのにおこってしまうのですから。

いじめられるのは嫌なのに、いじめるのは簡単に出来てしまう。この世の地獄ですよ、本当…。
2012/10/01(月) 17:40:18 | URL | くーき人間 #- [ 編集 ]

くーき人間さんコメントありがとうございます!

これからもお役に立てるブログを作っていこうと思っています。

おっしゃるとおり、いじめは怖いですね!!

そんな時、一人でも心強い味方を作っておくことが大事なんだけど・・・。

先生は少なくともその一人にならないといけないね!



2012/10/01(月) 18:50:44 | URL | おじ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://teacherboy.blog.fc2.com/tb.php/110-5281ee9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。